logo

HTCの第4四半期、売上高12%増も利益はわずか

Don Reisinger (Special to CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 吉武稔夫 (ガリレオ)2015年02月09日 12時40分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 台湾を拠点とするモバイル企業のHTCは、2014年第4四半期に売上高を伸ばすことができたが、利益は少なかった。

 HTCが発表した第4四半期(2014年12月31日)の売上高は479億新台湾ドル(15億ドル)で、前年同期から12%増加した。利益はわずか5億新台湾ドル(1590万ドル)だった。ただし、これで3四半期連続の黒字だ。

 黒字を保っているとはいえ、HTCの前期比利益はこの1年おいてに急減している。2014年第2四半期の利益は23億新台湾ドルに達していた。第3四半期には利益が前期比で再び減少し、6億新台湾ドルとなった。

 HTCは、フラッグシップモデルの「HTC One M8」をはじめ、さまざまなスマートフォンを提供している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集