「WordPress」に不正コードの挿入につながる脆弱性--多くのサイトに影響

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2015年02月06日 13時17分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オープンソースのブログプラットフォーム「WordPress」のプラグインに脆弱性が発見された。この脆弱性によって数多くのウェブサイトが危険にさらされている。研究者らによると、この脆弱性を用いればウェブサイトに悪意のあるコードを挿入することが可能になるという。

 この脆弱性は、画像表示に用いられる「Fancybox」という人気プラグインに存在していた。セキュリティ企業Sucuriの研究者らによると、悪用すれば脆弱性を抱えたサイトにマルウェアやその他のスクリプトを追加できるようになるという。

 研究者らは「このプラグインは深刻な脆弱性を抱えていることが確認できた」「この脆弱性は実際に広い範囲で悪用されており、多くのウェブサイトが影響を受けている」と述べている

 Fancyboxは米国時間2月5日時点で同プラグインをアップデートし、この脆弱性に対応している


提供:Wikimedia Commons

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加