logo

Astell&Kern、ネットワークオーディオプレーヤー「AK500N」発売日決定

加納恵 (編集部)2015年01月30日 15時48分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「Astell&Kern AK500N」

 アユートは、Astell&KernブランドからネットワークHi-Fiオーディオプレーヤー「Astell&Kern AK500N」の受注受付開始を発表した。受注生産のみの販売になり、直販サイト「アキハバラe市場」のほか、家電量販店、オーディオ専門店にて2月13日に受注受付を開始する。

 AK500Nは、2014年12月に発表された同ブランド初のホームオーディオモデル。CDリッピング機能、SSD、ネットワーク機能を備え、ネットワーク経由ので音楽再生に対応する。

 1Tバイト(直販税込価格:169万円)、2Tバイト(同:184万円)、4Tバイトモデルがラインアップされ、今回受注受付が開始されるのは1、2Tバイトモデルのみとなる。

 前面に設けられたスロットイン式のCDドライブは、リッピングのみで直接の再生は不可。リッピングにはエンハンスドジッタ訂正やCDトラックエラー補正機能を適用し、高精度に取り込むことができる。取り込み速度はNormal/Fast、データ方式はWAV/Flacから選択可能だ。

  • リアパネル

 本体は内蔵リチウムイオンバッテリで駆動し、約3時間の充電で約7時間の連続再生を実現。これによりAC電源からの外部ノイズ混入を受けず、高音質再生ができるとしている。

 最大DSD128(5.6MHz/1bit)までのネイティブ再生に対応し、PCMからDSDへのリアルタイム変換再生機能も装備。PCMファイルは384kHz/32bitまで、ネイティブ再生は192kHz/24bitまでとなり、それを越えるファイル再生時は、DSD64にリアルタイム変換再生ができる。

 サイズは高さ243mm×幅214mm×奥行き238mmで、重量約11.4kg。ボディにはアルミニウムを使用し、ブラックとシルバーの2色をそろえる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集