logo

アリババ、IPOに先立って9000万点の偽造品を削除していた

Cyrus Lee (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2014年12月26日 09時09分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Alibabaは2014年1~9月の間に、知的財産権に抵触する恐れのある偽造品9000万点を、「Taobao」や「Tmall」を初めとする同社のEコマースサイトから削除したという。Alibabaの最高リスク責任者を務めるPolo Shao氏が、中国杭州で現地時間12月23日に開かれた記者会見でそう述べたと、南華早報(South China Morning Post)の中国ウェブサイトが報じた。

 同社は9月、ニューヨーク証券取引所(NYSE)での新規株式公開(IPO)で250億ドルという記録的な額の資金を調達した。Shao氏によると、その一方で2013年初めから2014年11月にかけて、偽造品の削除と消費者保護の強化に1億6070万ドルを費やしたという。

 米通商代表部(USTR)は2012年12月、「(知的財産権を)侵害する商品の販売を大幅に削減」したとして、Alibabaの子会社であるTaobao Markeplaceを「Notorious Markets」(悪評高い市場)のリストから削除したと、報じられていた。

 同グループは最初の3カ月間だけで、同グループのEコマースプラットフォーム上の偽造品に消費者を導くリンクを600万件削除したと、新浪(Sina)は23日に報じている。

 Alibabaはさらに、中国の規制当局が1000件の商標権侵害事件を扱うのを支援した。この中で容疑者400人が逮捕され、6億元(約9600万ドル)相当の品が押収された。

また同グループは23日、自社プラットフォーム上の不正品対策に、「インターネットベース」で先進的な、ビッグデータのパターン技術を用いていることを明かした。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集