ガンホー新作「三国テンカトリガー」--放置型三国志ゲームアプリを配信

佐藤和也 (編集部)2014年09月08日 17時58分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ガンホー・オンライン・エンターテイメントは9月8日、スマートフォン向け新作ゲームアプリ「三国テンカトリガー」について、Android版の配信を開始した。基本プレイ無料のアイテム課金制。iOS版は近日配信予定としている。

 本作は、「三国志演義」の舞台をもとに、魏・呉・蜀に分断された“テンカ”を統一することを目的とした放置型王道三国志ゲーム。登場する武将は300名以上で、この武将により自分だけの軍団を作り上げ、中国全土の城を攻め落とすことを目標としている。基本的に武将を選んだらあとは待つだけの放置型ゲームであるため、わずかな空き時間でプレイすることができる。

 登場する武将や戦場には、すべて詳細データが付属されているため、三国志にあまり馴染みのないプレイヤーでも三国志を知りながら楽しむことができるという。音楽はサカモト教授が作曲したオリジナル楽曲となっている。

  • スクリーンショット

  • (C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.

  • このエントリーをはてなブックマークに追加