ゼンリン、Unity対応の国内主要都市3Dモデルデータを提供--秋葉原は無償公開

佐藤和也 (編集部)2014年08月28日 12時21分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゼンリンは、国内の主要都市の街並みを再現した3D都市モデルデータを制作。9月2日よりゲーム開発企業などに向けて提供することを発表した。

 この3D都市モデルデータは、同社が以前から独自ホーマットで整備してきたカーナビゲーション向け3D地図データを、Unityなどの3DCG関連ソフトで利用可能な汎用性が高いフォーマット「FBX形式」に変換したもの。

  • 3D都市モデルデータのイメージ

 なお、Unityのオンラインストア「Unity アセットストア」において、秋葉原の街を再現した3D都市モデルデータ「Japanese Otaku City」を近日中に無償で公開するという。秋葉原駅を中心に、約625×625mの範囲を再現したものとしている。また、9月2~4日に開催されるゲーム開発者向けカンファレンス「CEDEC2014」にも出典。 3D都市モデルデータから制作したデモゲームも展示するという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加