logo

ヤマハ、テレビの音に迫力を加える「SRT-1000」--下に置くだけの簡単設置

加納恵 (編集部)2014年08月22日 17時59分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「SRT-1000」

 ヤマハは8月22日、テレビの下に設置するボックスタイプのテレビ用スピーカ「SRT-1000」を発表した。ビームスピーカ8個を搭載した「デジタル・サウンド・プロジェクター技術」を採用する。発売は9月上旬。想定税別価格は4万円前後になる。

 SRT-1000は、2.8cm口径のビームスピーカ×8に4cm×10cm口径のフルレンジスピーカ×2、8.5cm口径のサブウーファ×2を内蔵したボックスタイプのスピーカだ。

  • 2.8cm口径のビームスピーカ8個を内蔵する

 本体には光デジタル2系統、同軸デジタル1系統、アナログRCA1系統の音声入力を採用。サブウーファ出力も備え、内部のサブウーファと外付けサブウーファを同時に使用することもできる。

 Bluetoothに対応しているため、スマートフォンやタブレット内の音楽ファイルをワイヤレスで再生することも可能。専用アプリ「HOME THEATER CONTROLLER」を使用すれば、音量調整やサウンドプログラム切り替えといった操作をスマートフォンなどから行える。

 サイズは高さ77mm×幅780mm×奥行き370mmで、重量約8.8kg。耐荷重は約40kgで、55型前後までの薄型テレビを載せることができる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集