logo

無料で使えるiOS向けカウントダウンアプリ7選--作業の残り時間をスピーディに把握

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 作業などの残り時間を把握したり、制限時間を決めて作業をしたりする時に便利なのが、カウントダウンを行ってくれるタイマーアプリだ。iOSでは標準アプリである「時計」がタイマー機能を備えているが、通知方法はアラームのみ、また同時にカウントできるのはひとつのタスクだけと、機能は決して豊富とは言えない。

 こうした機能に物足りなさを感じたら、その他のタイマーアプリを使ってみるのも一興だろう。アラーム以外にさまざまな通知方法を備えたアプリや、同時に複数のカウントダウンが行えるアプリ、起動からカウント開始までとにかくスピーディに行うことにこだわったアプリなど、バリエーションはじつに豊富。今回は、これらカウントダウンに便利に使えるタイマーアプリ7つを紹介しよう。

  • 「Timer+」

一度に複数のカウントダウンを実行できる「Timer+」

 「Timer+」(無料:8月18日時点)は、一度に複数のカウントダウンを実行できるアプリ。毎回時間をセットするのではなく、カウントダウンを行いたいイベントを時間とともに登録しておき、ワンタップで実行できる。カウントダウンを止めずにほかのカウントダウンを同時に行えるのが特徴。

イベントまでの残り時間を通知、SNSにも投稿できる「ライフタイマー2.0」

 「ライフタイマー2.0」(無料:8月18日時点)は、自分の生年月日や就寝時間、起床時間、始業時間などを登録しておくことで、残り時間をカウントダウン表示してくれるアプリ。節目となるイベントは任意に追加でき、通知時間も設定できる。これらイベントをSNSに投稿する機能も備える。

最大3件のカウントダウンを同時実行、声でお知らせする「こえタイマー」

 「こえタイマー」(無料:8月18日時点)は、最大3件のカウントダウンを同時に実行し、音声で通知するタイマー。多数のアイコンが用意されており、例えばカップラーメンの残り時間、パスタの茹で時間、洗濯の終了までの時間を同時にカウントダウンできる。フラッシュでの通知も可能。

起動からカウントダウン開始まですばやく行えることに特化した「爆速タイマー ListTimer」

 「爆速タイマー ListTimer」(無料:8月18日時点)は、シンプル操作に特化したタイマーアプリ。アプリを起動して残り時間を選ぶだけでカウントダウンが開始されるなど、すばやくセットできることが大きな特徴。バックグラウンドではローカル通知が行われるほか、マナーモードではバイブで通知される。

  • 「ライフタイマー2.0」

  • 「こえタイマー」

  • 「爆速タイマー ListTimer」

45分の作業と15分の休憩を交互に繰り返せる「集中作業タイマー」

 「集中作業タイマー」(無料:8月18日時点)は、ひとつの作業に集中できる上限時間は45分という説に基づき、45分をカウントダウンしてくれるアプリだ。終了時には15分の休憩に移行するので、45分の作業と15分の休憩を交互に繰り返せる。10分だけ作業を延長するモードも用意されている。

音声で残り時間を通知してくれる「eタイマー」

 「eタイマー」(無料:8月18日時点)は、音声による通知に対応したカウントダウンアプリ。「○分経過しました」「残り○分です」のほか、残り10秒も音声でカウントダウンしてくれる。カウントアップ時の通知方法はダイアログ、バイブ、アラームの3種類から選択できる。

目盛り表示で残り時間を視覚的に把握しやすい「キッチンタイマー」

 「キッチンタイマー」(無料:8月18日時点)は、最大60分のカウントダウンを行えるアプリ。ビジュアルを重視しているのが特徴で、残り時間は数字のほか目盛りでも表示されるので把握しやすい。表示色を5色から選べる機能も備えている。名前に反してキッチン用途に特化した機能はない。

  • 「集中作業タイマー」

  • 「eタイマー」

  • 「キッチンタイマー」

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

-PR-企画特集