logo

ルンバに続く掃除ロボット第2弾--水拭きを自動でこなす「ブラーバ380j」

坂本純子 (編集部)2014年07月01日 13時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アイロボットのロボット掃除機「ルンバ」に続き、自動で床の拭き掃除を行う「床拭きロボット ブラーバ380j」がいよいよ日本にも登場する。アイロボットの日本総代理店セールス・オンデマンドが、7月4日よりアイロボットストア公式サイトで販売する。アイロボット公式ストア価格は税別で3万3000円。販売されるのは、本体のカラーがホワイトの日本向けオリジナルモデルだ。

「ブラーバ380j」
「ブラーバ380j」

 ブラーバ380jは、フローリングやタイルなどの硬い床を水拭き(ウェットモード)とから拭き(ドライモード)の2つのモードから選び、自動で清掃できる。

 ウェットモードでは、専用のクリーニングパッドに水を入れると、広い部屋でも床面全体をしっかりと水拭き掃除し、普段の掃除ではとりきれなかった皮脂汚れや、食べこぼしのあと、掃除機の排気で巻き上がるような花粉、ハウスダストも丁寧に拭きとれるとしている。

 独自の「NorthStar(ノーススター)ナビゲーションシステム」の搭載により、ブラーバ自身が、正確な位置情報を把握することができるため、部屋中をくまなく動き、拭き掃除に最適な清掃動作を実現するという。

 床の拭き掃除は、体力的な負担や手間がかかることから敬遠されることが多かった家事のひとつだ。ブラーバならボタンひとつで、いつでも手軽に拭き掃除ができるとしている。

 セールス・オンデマンドでは、ルンバに加え、手軽に水拭きを取り入れる新しい掃除のスタイルを提案し、生活をより豊かにする製品として需要の拡大を図る。

-PR-企画特集