logo

オンキヨーがポータブルヘッドホンアンプに参入--こだわりをポケットサイズに

加納恵 (編集部)2014年06月16日 15時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「DAC-HA200」

 オンキヨーは6月16日、同社初となるポータブルヘッドホンアンプ「DAC-HA200」(HA200)を発表した。iOSアプリ「Onkyo HF Player」と組み合わせて24bit/96kHzのハイレゾ音源再生ができる。発売は7月上旬。想定価格は3万円前後になる。

  • 前面にはヘッドホン端子、背面には入力端子などを備える

 HA200は、D/Aコンバータに「PCM5102」、オペアンプに「MUSES8920」を搭載し、オンキヨーオーディオ製品の音をポータブルに落とし込んだヘッドホンアンプだ。

 HF Playerと連動し、iOSデバイスに接続すればハイレゾ再生ができるほか、HA200とiOSデバイスをUSB接続した状態であれば、ハイレゾ音源が再生できる有料版のHDプレーヤーパックを無料で使用することが可能。PCからのUSB入力にも対応する。

 リチウムイオン充電池で駆動し、最大使用時間は約8時間。サイズは高さ21.7mm×幅64mm×奥行き112mmで、重量約210g。固定用ゴムバンドやPC接続用のUSBケーブルなどが付属する。

 オンキヨーでは、5月に開催された「春のヘッドフォン祭り」でポータブルヘッドホンアンプを参考出展していた。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]