logo

フロッピードライブとハードドライブの可動部で奏でる音楽

Rusty Blazenhoff (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2014年06月24日 10時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 YouTubeユーザーのArganalthさんは、音楽を奏でるためにフロッピードライブとハードディスクをスーツケースに詰め込んだ。

 Arganalthさんが、このちょっと騒がしい小型ドライブで奏でようと選んだ楽曲は、フォークロックデュオSimon and Garfunkelによる「The Sound of Silence」。

 このドライブが1964年にリリースされた有名なフォークロックソングを奏でるのを聴いてみよう。

 ちなみにArganalthさんによる初のスーツケースシンフォニーに採用された楽曲は、「Back to the Future」のテーマ曲だった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]