logo

SIMフリー端末にかざすだけで番号切り替え--ドコモが世界初の小型認証デバイス

藤井涼 (編集部)2014年06月10日 16時44分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTドコモは6月10日、SIMカードが入っていないスマートフォンやタブレットにかざすだけで回線認証し、電話やメールなどの携帯電話機能を利用可能にする小型認証デバイス「ポータブルSIM」を世界で初めて開発したことを発表した。本体サイズは高さ約80mm×幅約40mm×厚さ約5.6mmで、重量は約20g。今後は商用化を目指すとしているが時期は未定だ。


「ポータブルSIM」

 ポータブルSIMには内部にSIMカード、Bluetooth、NFCが搭載されており、端末内のSIMカードがスマートフォンなどを介して、ネットワークと相互に認証することで、SIMカードが入っていないスマートフォンでもネットワーク接続が可能になるという。これにより、たとえば1つの携帯電話番号を普段使いのスマートフォンと、職場のタブレットで切り替えながら利用したりできる。また、端末Aから端末Bに切り替えた際には、端末Aにはロックがかかる。

 さらに、ポータブルSIMではSIMカードのセキュリティ領域にIDやパスワードを保存するため、ECサイトなどを利用する際のIDなどが自動で反映されるという。なお、ポータブルSIMを利用するには、スマートフォンやタブレットを特別な仕様に対応させる必要があるため、現在販売しているSIMフリー端末には対応していない。

 ドコモでは、商用化に向けてポータブルSIMのさらなる小型化、薄型化を検証するとともに、PCや音楽プレーヤー、クルマなど、スマートデバイス以外とも連携させたいとしている。なお、同社ではポータブルSIMを活用した新たな利用シーンを検討するため、7月23日にアイデアを募集するイベントを開催する予定だ。


「ポータブルSIM」の利用イメージ

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]