logo

JVC、スタジオマスタークオリティを自宅で--ウッドコーンオーディオ

加納恵 (編集部)2014年06月05日 12時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは6月5日、JVCブランドから木の振動板を採用した「ウッドコーンスピーカ」搭載オーディオシステム「EX-HR9/HR7/HR5」3機種を発表した。発売は6月中旬から順次。想定税別価格はHR9が11万円前後、HR7が10万円前後、HR5が8万円前後になる。

  • 「EX-HR9」

 HR9/HR7/HR5は、高音質デジタルアンプである「DEUS」とCDプレーヤー、FM/AMチューナを一体化したセンター部と、スピーカ部から構成されるオーディオシステム。センター部のみ共通の仕様になっている。センター部には独自の高音質化技術「K2テクノロジー」を搭載することで、CD楽曲もスタジオマスタークオリティに近づけて再生できる。

 HR9は異方性振動板採用9cmフルレンジスピーカを採用し、音の伝播速度を向上。大型マグネットとウッドブロックを備え、重心の低い低域再生を実現する。キャビネットにはチェリー無垢材を使用し、同じくチェリー材の響棒と竹響板を内蔵することで、音のスケール感を再生するとしている。

  • 「EX-HR7」

 HR7は、11cmのウーファと2cmのトゥイータを搭載した2ウェイスピーカを採用。トゥイータユニットのエッジ素材にはシルク繊維を、ボイスコイルには高純度99.9999%のOFCボイスコイルワイヤを使用することで、伸びやかな高域再生を実現する。

 HR9/HR7はともに、ビクタースタジオのエンジニアとともにサウンドチューニングを施したとのこと、スタジオにおけるマスタークオリティを再現するとしている。

  • 「EX-HR5」

 HR5は、8.5cmのフルレンジスピーカを搭載したエントリーモデル。無垢材のキャビネットを採用し、内部にはチェリー材の響棒を配置することで、キャビネットの剛性を高めながら響きをコントロールできるとしている。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]