logo

Box、「Android」版アプリケーションを刷新--LG製品購入者には無料ストレージの特典も

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 水書健司 吉武稔夫 (ガリレオ)2014年05月21日 12時32分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クラウドストレージのBoxはモバイル戦略を刷新しようとしており、今週に入って2つの新たな動きを示した。

 第1弾は、ユーザーツアーから各アイテムのスワイプメニューまでが一新された「Android」版アプリケーションの全面的な見直しだ。そして、Androidエコシステムの重要なパートナーであるLGとの新たな相互協力がこれに続く。

 「Box for Android」のバージョン3.0は、いくつかの新要素によって法人ユーザーの生産性向上を目指しており、そうした要素の1つとして、「Box OneCloud」のモバイルアプリケーションコミュニティーをさらに活用していく。

 Box OneCloudでは、ネイティブなOneCloudアプリケーションギャラリーを提供し、ユーザーのクラウドストレージに保存されたファイルの各形式に対応するアプリケーションをすぐに見つけ出せるようになっている。

 また、Boxの開発者は、100種類以上のファイル形式をサポートする新たな文書プレビュー機能も組み込んだ。

 Boxのモバイル製品マネージャーSimon Tan氏は、米国時間5月20日に投稿したブログ記事で、「これまで難しかったファイル形式(「PowerPoint」など)でも完璧に表示できる」と述べ、「電光石火」の結果を約束した。

 その他の改良点として、新しい画像ギャラリー体験や、トルコ語とポーランド語の言語サポートもある。これでBox for Androidがサポートする言語の総数は26に達した。

 Box for Android 3.0はダウンロード提供を開始している。

 Android版アプリケーションの最新版リリース記念キャンペーンとして、BoxはLGのフラッグシップモデルであるGシリーズの端末を購入した新規および既存のBoxユーザーに50GBの無料ストレージを提供する。

 これらGシリーズの端末にもBoxアプリケーションがプリインストールされる予定だ。

 このキャンペーンは、米国、西欧、韓国のBoxユーザーを対象として1年間実施する。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]