logo

「サボテンの花」がハイレゾで復活--クリプトン「HQM Store」でチューリップ配信へ

加納恵 (編集部)2014年05月20日 17時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 クリプトンは5月20日、ハイレゾ音楽配信サイト「HQM Store」においてチューリップのオリジナルベストアルバム「チューリップ・ガーデン」の配信を開始すると発表した。同日から配信している。

  • 当時チューリップのプロデューサーを務めた新田和長氏

 配信されるのは、デビュー曲から12枚目のシングル「ブルー・スカイ」までのAB面を交互に並べたベスト・アルバム。「チューリップ・ガーデン1」「チューリップ・ガーデン2」(税別価格:各3500円)の2タイトルが用意され、各12曲入りとなる。

 いずれも1970年代の楽曲を、オリジナルマスターテープから192kHz/24bitのハイレゾ音源へとデジタルリマスタリング化したもの。当時チューリップのプロデューサーであった新田和長氏(現 フールオンザヒル代表取締役社長)は「オリジナルマスターとCD化された際の音質の差には常に抵抗を感じてきた。ハイレゾ音源はスタジオで実際に聴いて音に限りなく近い」と今回のハイレゾ化を評した。

 HQM Storeでは、アナログマスターテープからデジタルリマスターしたハイレゾ作品を「HQM STUDIO MASTER」シリーズとして展開しており、4月には第1弾として森山良子さんのデビューアルバムを含む6作品、79曲を配信している。今回はこれに続く第2弾になる。クリプトンでは、チューリップの作品は今後も順次ラインアップしていく予定だ。

  • 当時のアルバム

  • オリジナルアナログマスターテープ

  • オリジナルアナログマスターテープの中身

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]