logo

ソニー、「ウォークマン ヱヴァンゲリヲンモデル」4月24日に発売--ハイレゾ音源も収録

加納恵 (編集部)2014年04月16日 18時18分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソニーマーケティングは4月16日、ソニーストアにおいて「ウォークマン F880シリーズ ヱヴァンゲリヲンモデル」を数量限定で発売すると発表した。「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」3作品(「序」「破」「Q」)のサウンドトラックと宇多田ヒカルさんによるテーマソングをハイレゾ音源でプリインストールする。発売開始は4月24日。

 エヴァンゲリヲンモデルは、3月に予告サイトがオープンしており、販売価格などの詳細は明らかにされていなかった。

 背面には主人公の碇シンジが愛用するオーディオプレーヤー「SDAT(エスダット)」をモチーフにしたデザイン、もしくは劇中に登場する特務機関「NERV(ネルフ)」の官給品をイメージしたデザインのオリジナル刻印を施し、各刻印デザインに合わせた壁紙をプリインストールしている。

 ウォークマンは、64Gバイトの内蔵メモリを備えた「NW-F887」を使用。サウンドトラック1アルバムインストールモデルが税別価格4万3000円、サウンドトラック3アルバムインストールモデルが同5万1000円で販売される。またハイレゾ対応ヘッドホン「XBA-H3」を同梱した「ハイレゾ対応ヘッドホン同梱SPECIAL BOX」も用意され、税別価格は8万7000円になる。

 なお、購入者には刻印デザインに合わせたオリジナルパッケージに本体を同梱するとしている。


「ウォークマン F880シリーズ ヱヴァンゲリヲンモデル」

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]