logo

インフォア、業界に特化した「CloudSuite」2製品をリリース

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部2014年04月09日 15時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトウェア大手のInforは米国時間4月8日、「CloudSuite Automotive」および「CloudSuite Aerospace & Defense」(A&D)のリリースを正式に発表し、業界に特化した2つのCloudSuite製品の提供を開始した。同社は3月、クラウド導入プラットフォームを「Amazon Web Services」(AWS)に移行した際に、これらの製品の提供を予告していた。

 CloudSuite Automotiveでは、OEMと大手サプライヤーは同プラットフォームを利用することで需要、供給、受け渡しに関するデータを電子的に共有することができるようになる。これにより、納期を短縮し、応答性を向上できる可能性がある。業界に特化した分析は、財務に関する洞察やエンドユーザーの事業に関する指標を表示するUIを通じて提供される。

 CloudSuite A&Dについては、主な利点はAutomotiveにみられるものと変わらない。対象の業界に関連する洞察と、中核的な業界アプリケーションへのアクセスが異なるだけだ。

 AWS経由のクラウド配信は、月額サブスクリプションで管理されているため、AutomotiveとA&Dの2つのCloudSuite製品を導入することで、IT関連の先行支出を大幅に削減できる点が強調されている。また、これらの製品は、専用のミドルウェア「Infor ION」、そしてソーシャルコラボレーションエンジンの「Infor Ming.le」も活用し、これらが顧客とサプライヤー間の内部的および外部的なやりとりを促進させる。

 Inforの製品管理担当バイスプレジデントであるJohn Bermudez氏は、声明で次のように述べた。

 InforのCloudSuiteは顧客に対し、Infor製品によってもたらされる、業界固有の機能性を犠牲にすることなく、投資回収率(ROI)を向上し、クラウドの動きに乗る機会を提供する。

 Inforは3月に行ったAWS関連の発表において、財務管理や人材管理を対象とした同社のソリューション「CloudSuite Corporate」について、AWSへの移行は2014年の夏になる予定だと述べている。

 Inforがこの勢いを維持するとすれば、最高経営責任者(CEO)のCharles Phillips氏は、同社をクラウドベースの主力ERPベンダーとして位置付けることに成功する可能性があり、OracleやSAPといった企業はこのことを真剣に受け止める必要があるだろう。


ソーシャルコラボレーションエンジンのInfor Ming.le

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]