logo

ランボルギーニ「Huracan」--高性能デジタルダッシュボード搭載モデルの第一印象 - (page 2)

Antuan Goodwin (CNET News) 翻訳校正: 川村インターナショナル2014年03月10日 07時30分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Huracanのインストルメントクラスタは完全にデジタル化されており、統合されたカスタマイズ可能な12.3インチTFTディスプレイに仮想的なゲージ類が表示される。このバーチャルコックピットの3Dグラフィックスは1440×540ピクセルという高解像度で、NVIDIAの「Tegra 3」シリーズの「Tegra 30」チップで動作している。高速グラフィック処理により、タコメーターのデジタル表示の針は1秒当たり60フレームで動くようになっており、エンジンの動きに遅れることはない。

 デジタルインストルメントクラスタには3種類の表示モードがある。「Full Drive」モードでは、アナログのタコメーターが大きく表示され、燃料メーターと水温計、デジタル速度計は小さく表示される。「Mixed」モードでは、タコメーターは小さくなり、ディスプレイの半分はナビゲーションマップやオーディオソースなどを表示するインフォテインメント用ウィンドウのスペースになる。「Full Navi」モードでは、ディスプレイのほとんどの部分が3Dマップとインフォテインメントデータで占められる。

Huracanの完全にデジタル化されたインストルメントクラスタは、走行情報やインフォテインメント、地図を高解像度で表示でき、表示速度は1秒間に60フレームだ。
Huracanの完全にデジタル化されたインストルメントクラスタは、走行情報やインフォテインメント、地図を高解像度で表示でき、表示速度は1秒間に60フレームだ。
提供:Antuan Goodwin/CNET

 インフォテインメント機能のほとんどは、ステアリングホイールから操作してデジタルインストルメントクラスタで見ることができるが、幅の狭いセンターコンソール上にも小さなTFTディスプレイがあって、オートエアコン、油圧や油温、電圧などの表示画面の間で切り替えることができる。センターコンソールにはさらに、エアコンやナビゲーションシステム、電話、インフォメーション、ラジオ、メディア、サウンド機能に直接アクセスできるボタンやスイッチがあるほか、音量調節つまみもある。

 オーディオソースには、CD/DVDプレーヤー、USB接続や「iPod」接続が可能なオーディオインターフェース、オーディオおよびハンドフリー通話のためのBluetooth、デジタルラジオチューナーがある。HD Radioチューニングや衛星ラジオは、Lamborghiniからのプレスリリースには載っていないが、オプションのリストから消えているわけではない。どのソースでも、オーディオは標準的な6スピーカーステレオで再生される。

 センターコンソールで目立つのは、赤いフラップの下にある大きなスタート/ストップボタンだろう。

 Huracanのキャビンは、上質な「Nappa」レザーと「Alcantara」を使った内装になっており、さまざまなカラーコンビネーションから選ぶことができる。Lamborghiniはまた、このモデルではヘッドランプから室内灯にいたるまですべてLEDが使われており、白熱灯はないとしている。

figure_3
提供:Josh Miller/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]