2013年の国内携帯電話の総出荷台数、前年比10.2%減の3929万台

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 MM総研は1月30日、2013年(2013年1月~2013年12月)の日本国内における携帯電話端末出荷台数の調査結果を発表した。

 携帯電話端末の総出荷台数は前年比10.2%減の3929万台となり、4000万台を下回る結果となった。スマートフォンは、総出荷台数では前年比3.7%減の2928万台となったが、総出荷台数に占める比率は74.5%(前年比5.0ポイント増)に上昇した。

 2013年のメーカー別出荷台数シェアは、Appleが前年に続いて1位。出荷台数は1277万台(前年比25.3%増)でシェア32.5%(前年比9.2ポイント増)となり、2位以下との差をさらに広げた。Appleはスマートフォンのメーカー別出荷台数でも1位となった(1277万台、シェア43.6%)。

 2位はシャープで出荷台数572万台(1.4%増)、シェア14.6%(1.7ポイント増)。3位はソニーモバイルコミュニケーションズで出荷台数496万台(27.2%増)、シェア12.6%(3.7ポイント増)。4位は富士通で出荷台数381万台(47.9%減)、シェア9.7%(7.0ポイント減)。5位は京セラで出荷台数347万台(5.8%増)、シェア8.8%(1.3ポイント増)。6位はSamsungで出荷台数231万台(32.3%減)、シェア5.9%(1.9%ポイント減)となった。

 MM総研は、2013年の出荷台数が低調となった主な要因を①キャリアによる過剰なiPhone優遇施策により、Androidスマートフォンとの正当な競争環境が形成されていないこと、②フィーチャーフォンユーザーによるスマートフォンシフトのペースが予想以上に早く鈍化してきていること――の2点であると分析している。

 2013年度通期の総出荷台数は、2013年度第4四半期の出荷台数が低調に推移する見通しのため、3710万台(前年度比11.3%減)と予測。昨年10月末時点での予測3960万台に比べ250万台の下方修正となった。

 また、2013年度のスマートフォン出荷台数は2750万台(前年度比7.5%減)で、出荷台数比率は74.1%(前年度比3.0ポイント増)と予測している。

 2014年度以降の出荷台数予測についても、2014年度:3550万台、2015年度:3810万台、2016年度:3680万台、2017年度:3520万台と、昨年10月末時点の見通しを下方修正し、3500~3800万台規模で推移するとみている。

 スマートフォンについては、2014年度:2660万台(74.9%)、2015年度:2980万台(78.2%)、2016年度:2920万台(79.3%)、2017年度:2810万台(79.8%)となり、2600~2900万台規模で推移すると予測している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加