logo

ZOOM、インターフェースにThunderboltを採用したオーディオコンバータ

加納恵 (編集部)2014年01月27日 19時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ズームは、インターフェースに「Thunderbolt」を採用した、オーディオコンバータ「TAC-2」を発表した。最高24bit/192kHzのハイレゾ再生&ハイレゾ録音に対応する。発売は2014年春を予定。価格は3万9900円になる。

  • 「TAC-2」

 USB 3.0の2倍以上、Firewire 800に対しては12倍の高速インターフェースを実現。毎秒10ギガビットの信号転送能力により、遅延を極力抑え、正確な信号を伝達する。

 Macと本体を付属のThunderboltケーブルで接続すると、デジタルオーディオ信号の入出力が可能。リアパネルに装備された2つのXLR/TRSコンボジャックを使用すれば、マイク/ラインレベルのオーディオ信号入力、モニタースピーカなどへのマスター出力用として、バランス接続のTRSアウトプットも用意している。

 最高24bit/192kHzのハイレゾの再生や録音に対応。TAC-2のヘッドフォン端子からのモニタできるほか、TRSアウトプットから手持ちのスピーカに接続することも可能だ。

 対応機器はThunderbolt端子を装備したMac OS X v10.8.5以降のMac。サイズは高さ51.3mm×幅120mm×奥行き129.5mmで重量約420g。電源はThunderbolt経由供給されるバスパワー電源になる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集