logo

Twitter、ブロックポリシーを変更前の状態に--ユーザーからの批判を受け

Steven Musil (CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年12月13日 15時03分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Twitterは、新しいユーザーブロックポリシーが物議を醸し、ユーザーから怒りが噴出した後、大きくなる不満に耳を傾け、ポリシーを変更前の状態に戻したようだ。

 新しいポリシーは、米国時間12月12日に明らかになり、Twitter上でブロックが機能する仕組みを変更するものだった。それ以前は、あるユーザーがTwitter上でブロックされると、そのユーザーはブロックを実行したユーザーのツイートを見ることができなかった。しかし、変更によって、ブロックされたユーザーが、ブロックを実行したユーザーの投稿などをその後も見ることができるようになっていた。

 Twitterは、「多くのユーザーからフィードバックを得た後、変更を元に戻す決定を下した。ユーザーの安心感を損なうという犠牲のもとで機能を導入したいとは思っていない。皆さんが以前に実行したすべてのブロックは、現在も有効だ」と同社ブログへの投稿で述べた。

 ブロック機能に対するこの変更を戻すことで、ユーザーは、ブロックされたことを再び知ることができるようになる。われわれはこれについて、理想的でないと考えている。その理由としては、ブロックを実行したユーザーに対するブロックされたユーザー(そして、場合によってはその友人)からの報復が頻繁に発生しているということが大きい。一部のユーザーは、ブロック後の報復をブロック前の嫌がらせと同様に心配している。われわれは、行動を起こすにあたり、嫌がらせからユーザーを守り、かつ、報復を防ぐために設計された機能を引き続き追求していく。

 変更されたポリシーは、他のユーザーを公開アカウントからブロックしても「そのユーザーはあなたをフォローしたり、ツイートへの反応、またはタイムラインでの更新情報の受信を行うことができる」としていた。Twitterは米CNETに対して、新しいポリシーの実質的な意味合いは、ブロックされたユーザーから挑発的なメッセージを受け取らないようにすることにあると述べていた。

 ポリシー変更に対して批判的なTwitterユーザーは12日、大きな不満を示した。共通の不満の1つとして、自分の行動をストーカーに見られるのを防ぐのに有効だったツールが、その目的で活用できなくなるということがあった。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

-PR-企画特集