logo

グーグル、「Calendar」でデータのダウンロードを可能に--「Gmail」も対応へ

Lance Whitney (CNET News) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)2013年12月06日 12時04分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間12月5日、「Google Calendar」のデータをZIPファイル形式で保存できる機能の提供を開始した。複数のカレンダーを使用している場合は、すべてのカレンダーを保存することも、一部のカレンダーを選択して保存することもできる。手順はいくつかのステップを踏まなければならないが、比較的簡単だ。

 まず「Gmail」にログインし、右上隅にあるアカウントの画像をクリックして「Account」というリンクを選択する。「Accounts」のページが開いたら、「Download your data」というリンクをクリックし、それから「Create Archive」ボタンをクリックする。

 すると、エクスポートに対応している全サービスのリストが表示される。すべてのデータをダウンロードする必要はないはずなので、Google Calendarのチェックは残して必要のないサービスはチェックを外す。すべてのカレンダーをダウンロードするか、一部のカレンダーだけをダウンロードするかを選択するには、Calendarの隣にある「Edit」ボタンをクリックする。カレンダーを選択したら「Done」ボタンをクリックし、続いて「Create Archive」ボタンをクリックする。

 すると、ZIP形式のアーカイブが作成される。次に、「Download」ボタンをクリックし、入力を要求されたらGoogleのパスワードを再入力する。これで、ファイルをハードドライブに保存できる。ZIPファイルを解凍すると、予定データ用のフォルダやプロフィールの写真用のフォルダなど、いくつかのフォルダが現れる。予定データはICSファイルの形でフォーマットされているので、バックアップとして保存したり、「Yahoo Calendar」「Outlook」「iCalendar」および同様のサービスにインポートしたりできる。

 5日に投稿されたブログで、GoogleのソフトウェアエンジニアであるNick Piepmeier氏は、同様のバックアップ機能をGmailに対して今後1カ月をかけて順次提供していくと述べている。「Google Contacts」「Google+」「YouTube」「Google Drive」などのサービスからもGoogleデータをダウンロードすることが可能だ。


提供:Screenshot by Lance Whitney/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集