logo

JVC、ダウンライトとウッドキャビネットの新デザイン--部屋に置きたくなるCDコンポ

加納恵 (編集部)2013年11月07日 12時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「NX-W5」ダークウッド

JVCケンウッドは11月7日、ウッドキャビネットを採用したCDコンポ「NX-W5」を発表した。ワンボディのスタンド型デザインで、Bluetooth接続にも対応する。発売は11月上旬。店頭想定価格は3万5000円前後になる。

  • 「NX-W5」ナチュラルウッド

 本体はCDプレーヤー、AM/FMチューナ、アンプ、スピーカを内蔵したワンボディタイプ。縦型のスロットインCDを採用したほか、下部に設けた操作部をダウンライトイルミネーションが照らすなど、インテリアとマッチしたデザインが特長だ。

 USB端子を備え、iPhone/iPodとのデジタル接続やUSBメモリ内の音楽ファイルを再生することも可能。Bluetooth接続時はAACコーデックにも対応する。

 ボディ部はMDFウッドキャビネットを採用し、ダークウッドとナチュラルウッドの2色を用意。スリープタイマーと設定した音量まで徐々にボリュームがアップするデイリータイマー機能を備える。

 サイズは高さ211mm×幅325mm×奥行き150mmで、重量約3.8kg。無操作が約15分続くと、自動で電源がオフになるオートパワーセーブ機能も搭載する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集