logo

JVC、ミニステレオヘッドホン4モデルを発表--アルミ切削の高剛性メタル採用

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 JVCケンウッドは10月23日、JVCブランドのミニステレオヘッドホン4モデルとして、アルミ切削の高剛性メタルボディとバスポート採用の「HA-FX46/FR46」と、2重構造の採用で音漏れを低減した「HA-FX26/FR26」を発表した。11月上旬に発売する。

 価格は、HA-FX46が3000円前後、HA-FR46が3500円前後、HA-FX26が2000円前後、HA-FR26が2500円前後。全モデルで丈夫な2mm径コードを採用し、HA-FR46/FR26には、音声再生やボリューム操作が可能なリモコンを搭載している。

  • 「HA-FX46/FR46」

 HA-FX46/FR46は、高磁力ネオジムドライバユニットの性能を引き出す、制振性に優れたアルミ切削の高剛性メタルボディと、低音域の量感を高めるバスポートを採用した。ラバー素材のフィットサポート採用により、安定した装着感を実現したとしている。

 カラーはHA-FX46がレッド、ピンク、ブルー、ホワイト、ブラック、ゴールドの6色、HA-FR46がレッド、ホワイト、ブラック、ゴールドの4色。

  • 「HA-FX26/FR26」

 HA-FX26/FR26は、高磁力ネオジウムドライバユニットを搭載し、低音から中音まで高音質再生を実現。ハウジング部にはインナーボディとアウターボディの2重構造を採用し、音漏れを低減した。

 カラーはHA-FX26がレッド、ピンク、オレンジ、イエロー、グリーン、ライトブルー、ブルー、バイオレット、ホワイト、ブラックの10色、HA-FR26がレッド、ピンク、グリーン、ブルー、ホワイト、ブラックの6色。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集