logo

18歳未満のみの「アメーバピグ」が誕生へ--仮想空間を分離

藤井涼 (編集部)2013年10月15日 20時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイバーエージェントは10月15日、同社が運営するアバターコミュニティサービス「アメーバピグ」において、10月22日から18歳以上と18歳未満のユーザーで利用できる仮想空間を分離することを発表した。

  • 「アメーバピグ」のトップページ

 アメーバピグでは、青少年ユーザーの保護を目的に、2012年4月から15歳以下のユーザーの他者との交流やお出かけを禁止にするといった機能制限を実施してきた。

 10月22日15時以降は、「Ameba」の登録年齢にあわせて、自動的に18歳未満専用または18歳以上専用サービスに振り分けられ、分離されたサービスの中で、15歳以下のユーザーも他の利用者とのコミュニケーションやお出かけなど、18歳以上の利用者と同様の機能を楽しめるようになる。

 同社では、18歳未満専用サービスにおける24時間有人監視でのパトロールの徹底や、システムで入力不可とするチャットでのNGキーワードの拡充、その他啓発活動などを実施することで、青少年ユーザーがトラブルや犯罪に巻き込まれることを防止するとしている。

-PR-企画特集