logo

ソフトバンク、韓国製のワンセグチューナー発火で製品を回収

藤井涼 (編集部)2013年10月04日 11時39分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンクBBは10月4日、2008年に発売した韓国icube(アイキューブ)製のバッテリ機能付きワンセグチューナ「TV&バッテリー」(製品型番:iGB-001、iGB-001b)に起因した可能性がある発火が2件発生したことを発表した。いずれも人的被害には至っていない。

 同製品の販売期間は2008年12月31日~2013年8月8日で、累計約7万9000台を販売していた。ソフトバンクBBでは「現時点で原因が特定できていない」としており、購入者に対して使用を中止するよう呼びかけている。

 また、同製品の回収方法は、10月15日からソフトバンクBBicubeのウェブサイトで案内するとしている。


CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]