JVC、カーボンナノチューブ振動板を搭載したアウトドア用ヘッドホン

加納恵 (編集部)2013年09月25日 19時29分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「HA-S680」

 JVCケンウッドは9月25日、カーボンナノチューブ振動板を採用したオーバーヘッドタイプのヘッドホン「HA-S680」を発表した。迫力とキレのあるサウンドを再現する。発売は10月中旬。店頭想定価格は6000円前後になる。

 ハウジング部にはカーボンナノチューブ振動板を採用した口径40mmのドライバユニットと、ダイナミックポートを搭載し、低音域の再現性を向上。迫力とキレのある高解像度サウンドを実現するとしている。

 本体はフラット、コンパクトの2通りに折りたたみができ、持ち運びにも便利。音漏れを抑えた密閉タイプで、アウトドアでの使用に最適だ。重量は約194gで、ケーブルの長さは1.2m。ブラック、レッド、ホワイトの3色を用意する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加