ヤマハ、高さ111mmのスリムボディを採用した5.1chネットワークAVアンプ「RX-S600」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヤマハは、薄型の5.1chネットワークAVアンプ「RX-S600」を、9月中旬に発売する。価格は6万8250円で、当初月産予想台数は3000台。

  • 「RX-S600」

 RX-S600は、ローボードタイプのテレビラックに設置してもすっきり収まる、高さ111mm×幅435mm×奥行き320mmの薄型。左右に大型ロータリーノブを配置し、ヤマハの上級レシーバ「AVENTAGEシリーズ」と共通のデザインテイストでまとめた、アルミヘアライン仕上げだ。

 薄型の本体に、ディスクリート構成を採用した定格出力95W×5の高音質パワーアンプ、低インピーダンス化を徹底した大容量電源部、バーブラウン192kHz/24bit D/Aコンバータを搭載。大型スクリュー式スピーカターミナル(バナナプラグ対応)など、ヤマハのフルサイズAVアンプと同等の高音質設計を施している。

 192kHz/24bitのネットワークオーディオ再生に対応し、音楽ダウンロードサイトから購入したハイレゾ音源などを、本来のクオリティで楽しむことができる。別売のBluetoothワイヤレスオーディオレシーバ「YBA-11」を接続すれば、Bluetooth対応機器内の音楽再生も可能だ。

 専用アプリ「AV CONTROLLER」により、スマートフォンやタブレット端末から本機のコントロールが可能。スマートフォンやPCの音楽をワイヤレス再生できる「AirPlay」、インターネットラジオ局にアクセスできる「vTuner」にも対応している。

 MHLのほか、4K映像伝送および3D映像伝送、主要メーカー製テレビやレコーダーとのリンク機能に対応した、5入力/1出力のHDMI端子を搭載。オーディオリターンチャンネル(ARC)の採用により、テレビとの接続をHDMIケーブル1本にまとめることができる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加