JVC、ツインサブウーファを内蔵したバースピーカシステム--Bluetoothモデルも

加納恵 (編集部)2013年08月28日 13時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「TH-BA31-B」。サブウーファを2つ内蔵する

 JVCケンウッドは8月28日、JVCブランドからテレビと組み合わせて使用するバースピーカーシステム「TH-BA31-B/BA21-B」2機種を発表した。サブウーファを2つ装備し、重低音と臨場感を再現する。発売は9月上旬。店頭想定価格は、Bluetoothに対応したBA31-Bが3万5000円前後、非対応のBA21-Bが3万2000円前後になる。

 両機種ともにサイズは高さ105mm×幅1000mm×奥行き110mmで、重量4.5kg。46V型以上の大画面テレビとの組み合わせに最適としている。

 本体には口径7cmのフルレンジスピーカ2つと、口径8.5cmのサブウーファ2つを内蔵。専用アンプで駆動させることで、迫力の重低音を再現するとしている。

 アナログ1系統、光デジタル2系統、同軸デジタル1系統と合計4系統の音声入力を装備。サラウンドモードは「3Dムービー」「3Dバーチャル」「ナチュラル」の3つを備え、シアターサラウンドからステレオ音源のサラウンド再生まで対応する。

 上位機となるBA31-BのみBluetooth対応で、スマートフォンやタブレットのワイヤレススピーカとしても使用可能だ。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加