logo

マクセル、フィットしやすく外れにくいインナーイヤー型ヘッドホン

加納恵 (編集部)2013年08月08日 18時22分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 耳にフィットしやすいハウジングデザインを採用した「+FiT」

 日立マクセルは8月8日、耳の奥まで無理なく収まるハウジングデザインを採用したインナーイヤー型ヘッドホン「+FiT」を発表した。カナル型標準タイプ「MXH-C100」(店頭想定価格:1000円前後)、巻き取りリールタイプ「MXH-C100R」(同:1300円前後)、スマートフォン対応タイプ「MXH-C100S」(同:1500円前後)の3タイプをラインアップする。発売は8月25日。

  • 「MXH-C100/C100R」は全8色、「MXH-C100S」は4色展開になる

 耳の形に沿うことではずれにくいブッシュ形状を採用し、耳にぴったりくる快適なフィット感を得られるとのこと。直径9mmのダイナミックドライバユニットと、音の出口を鼓膜に近づけることでダイレクトに音を届けるロングポートを搭載する。

 C100とC100Rはブラック、レッド、ダークブルー、ホワイト、ミントブルー、ピンク、チェリーピンク、ミックスの8色展開、C100Sはブラック、ホワイト、チェリーピンク、ミックスの4色展開で、ケーブル、イヤーピースもそれぞれのカラーに合わせたデザインを採用する。

 スマートフォンタイプのC100Sには、マイク付きリモコンを付属し、電話の着信応答、通話終了に対応。いずれもイヤーピースは銀イオンを練り込んだ抗菌タイプで、SS、S、M、Lの4サイズが付属する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集