「Android」搭載ゲーム機開発のOUYA、Kickstarter経由の専用ゲーム開発者に資金を提供へ

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年07月19日 12時07分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 OUYAが米国時間7月18日に明らかにしたところによると、同社は「Free the Games Fund」という企画を新たに立ち上げ、Kickstarter経由でリリースされるOUYA向けのゲームが調達した資金額と同額の資金を、総額100万ドルまで提供するという。登録者数が2万を超えているOUYA向けゲームの制作者や、その他の開発者たちは、8月以降にKickstarterでリリースするゲームに対して調達額と同額の資金(5万ドルから25万ドルまで)を得ることができる。

 この企画に参加し、調達額と同額の資金を獲得したい開発者は、以下の条件に同意する必要がある。

  • ゲームプロジェクトは2013年8月9日以降にKickstarter上でリリースし、2014年8月10日までに完了しなければならない。
  • ゲームはKickstarterにおける資金調達で目標額を達成するとともに、最低でも5万ドルを調達してはじめて、同額の資金をOUYAから得ることができる。
  • Kickstarter経由での資金調達が成功した後、OUYAは25万ドルを上限として、調達額と同額の資金を提供する。
  • ゲーム制作者は、該当ゲームを利用可能にする日から最低6カ月間、OUYAの独占タイトルとしてダウンロード提供する必要がある。

 OUYAの最高経営責任者(CEO)Julie Uhrman氏は声明で「OUYAが現在、小売店で販売されている理由は2つある。1つは、手に届きやすい価格のオープンなテレビ向けゲームコンソールを作り上げるという革新的なアイデアをわれわれが思いついたからであり、もう1つはこのアイデアを支援し、実現に向けて資金を提供してくれたファンを見つけたからだ」と述べるとともに「われわれはそれ以来、素晴らしいゲームが多数Kickstarterで登場するのを見てきており、今ではありがたいことに、恩返しをするとともに、OUYA専用に最高のゲームを開発してもらえる立場にある」と述べている。

提供:OUYA
提供:OUYA

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加