logo

フォースメディア、「BMW MINI」ドアミラーデザインを採用したBluetoothスピーカ

加納恵 (編集部)2013年07月12日 11時47分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フォースメディアは、BMW MINIのドアミラーを再現したデザインのBluetoothスピーカ「MIRROR BOOMBOX」を発表した。大手量販店、ネット販売店などで販売する。直販サイト価格は1万6800円。

 フォースメディアでは3月に、香港のiUi Design製Bluetoothスピーカ「BeCool」を発表。MIRROR BOOMBOXは、BeCoolのユニットをBMW MINIのドアミラーデザインの筐体に搭載している。

 本体には直径35mmのフルレンジスピーカユニット2つとパッブウーファ1つを内蔵。2200mAhのリチウムイオン充電池を備え、最長約8時間の使用が可能だ。オーディオコーデックはAAC、apt-X、SBCに対応。コンデンサマイクも備え、ハンズフリー通話もできる。

 サイズは高さ97mm×幅145mm×奥行き100mmで、実物のBMW MINIミラーに比べるとひと回りほど小さなサイズに仕上がっているとのこと。重量は約340g。上部にはタッチキーを装備し、ボリューム調整や曲送りなどは軽く触れるだけで操作できる。

 本機からNFC対応となり、対応機器と簡単にペアリングができるようになっている。ユニオンジャックモデルとブラックジャックモデルの2色を用意する。

  • 「MIRROR BOOMBOX」

  • 背面はユニオンジャックデザイン

  • 底面。オン、オフスイッチもここに備える

  • 充電用のUSBポートとステレオミニ端子を装備

  • MINIマークも再現されている

  • ブラックジャックデザインと2色のカラーバリエーションをそろえる

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集