通話料が半額になるIP電話アプリ「SMARTalk」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SMARTalk
価格: 無料(2015年03月14日時点)
おすすめ度:

5.0

  • 開発:Fusion Communications Corp.
  • カテゴリ:ソーシャルネットワーキング

 2012年よりベータ版がリリースされていたIP電話サービス「FUSION IP-Phone SMART」の正式版がついに公開された。これにあわせてリリースされたのが、iOS向けの公式アプリ「SMARTalk」だ。

 国内固定電話・携帯電話に8.4円/30秒(国際電話は8円/30秒)と格安で電話ができるアプリで、通常21円/30秒かかる各通信キャリアと比べて約60%もお得だ。また、基本料が0円なのに加えて、通話の録音や留守電、着信転送などの機能も無料で利用できるのが大きな魅力だ。

 利用にあたっては、まずフュージョンのサイトから登録する必要がある。個人情報とクレジットカードを登録すると、管理画面へ誘導されるので、ここでiPhoneアプリを使うのに必要となるSIPアカウントとSIPパスワードをメモしてアプリを起動する。

 アプリでログインすると、すでに「050」から始まる電話番号が割当てられている。また電話帳がインポートされるので、アプリメニュー右側の「コンタクト」から、すぐにiPhoneに登録されている友人や知人に電話をかけられる。

  • アプリ起動時に求められるのはSIPアカウントとSIPパスワード。これらは公式サイトからアカウントを登録することで入手することが可能だ

  • アプリを起動するとダイヤル画面が表示される。メニューバー右端のコンタクトからはiPhoneに登録されている連絡帳と連携することができる

  • 通話中に録音ボタンを押せば、会話の内容を無料で録音できる。録音内容は通話履歴一覧から再生できる

 SMARTalkで取得した番号に電話がかかってきた場合はプッシュ通知されるので、アプリを起動していなくても、待機画面にメッセージが表示され着信音が鳴る。忙しくて電話に出れない場合は、留守番電話サービスが伝言を預かってくれる。伝言があった旨をメールで受け取り、メッセージを再生することも可能だ。このほか、短縮ダイヤルや着信転送の機能も無料で使える。

 機能が充実しかつ通話料も安いSMARTalk。個人から法人まで幅広い用途で活躍すること間違いなしだ。ただし、110番、119番などの緊急電話番号や、177(天気予報)、117(時報)、フリーダイヤル(0120)には発信できない点は留意したい。

  • 端末がスリープ中でも、着信があればプッシュ通知をして着信音を鳴らしてくれる

  • 留守電があった場合はすぐにメールでその旨を通知する。録音内容はリンク先から確認できる

>>SMARTalkのダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

iPhoneの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加