logo

ボーズ、初のインイヤータイプノイズキャンセリングヘッドホン「QuietComfort 20」

加納恵 (編集部)2013年06月06日 18時30分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ボーズは6月6日、ノイズキャンセリングヘッドホンにインイヤータイプの「QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones」を発表した。2つの高性能マイクを内蔵し、圧倒的な消音性能を備える。発売は9月。価格は3万1500円になる。

  • 「QuietComfort 20 」

 ボーズではオーバーヘッドタイプのノイズキャンセリングヘッドホンを展開しており、QuietComfort 20は、同社初のインイヤー型ノイズキャンセリングヘッドホンとなる。小型ながら、大型ヘッドホンに匹敵する音響性能を装備しているという。

  • コントロールモジュール部

 ハウジング部には2つの小型高性能マイクを配置し、騒音を検知。検知された騒音をケーブルの途中にあるコントロールモジュールが受け取り、独自のデジタル回路で演算し、逆位相の音波を再生、それにより騒音が相殺され、ノイズキャンセリング性能が発揮される。

 新機能として搭載された「Awareモード」は、ボタンひとつでノイズキャンセリング効果を抑え、周囲の音を聞き取れる新モード。従来のノイズキャンセリングヘッドホンは、使用中周囲の音を聞き取る際、ヘッドホンを外す必要があったが、Awareモードを使用すればボタンひとつで、ノイズキャンセリングモードから切り替えができ、周囲の音を聞き取ることが可能だ。

 イヤーチップには、耳から落ちにくい「StayHear」チップをさらに進化させた「StayHear +」を初採用。従来モデルに比べ、さらに遮音性を高めたタイプで、S、M、Lの3サイズが同梱される。電源にはリチウムイオン充電池を使用し、最大約16時間の連続使用に対応。電源を入れず、通常のヘッドホンとしても使用できる。

 AndroidやWindows OSを搭載したスマートフォン向けモデルQuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphonesと、iPhoneやiPadに対応した「QuietComfort 20i Acoustic Noise Cancelling headphones」の2モデルを用意する。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集