logo

自分好みにカスタマイズできる業務アプリ「Podio」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アプリ名:Podio
金額:無料(2013年5月26日時点)
カテゴリ:仕事効率化
開発:Podio ApS
使用端末:AQUOS PHONE SH-12C
おすすめ度:★★★★★

 顧客管理や商談管理、カレンダーにToDo――ビジネスに必要なツールは数多く提供されているが、まだ“コレだ!”と思うツールが見つかっていなければ「Podio」を使ってみてはどうだろう。

 Podioはシトリックスが提供する業務用ソーシャルツールだ。プラットフォーム上にはビジネスで役立つあらゆるサービスが用意されており、必要なサービスを追加していくことで、自分だけの業務用ツールを作ることができる。企業向けFacebookとも言えるかもしれない。

 たとえば「ChatWork」や「Yammer」のように連絡用掲示板として使うこともできるし、「Remember The Milk」や「Google Tasks」のようなToDo管理機能も利用できる。また「Google カレンダー」と連動し、Facebookイベントのように社内メンバーの出欠確認ができる。さらに「Zoho CRM」を始めとする柔軟なCRMツールや、人材採用、給与計算、組織マネジメントに関わるツールもある。

  • アプリを起動するとログイン画面が表示される。PodioのアカウントはGoogleもしくはメールアドレスでサインイン可能。PC版からであれば、Facebookなども利用可能となる

  • Podioに追加されているメニューを見ることができる。アクティビティでは、他のメンバーの活動ログが見れる。アイコンをタップして、各機能の操作画面に移動する。

  • タスク画面。右上の「+」から追加し、完了したらタップしてチェックしていく

 なぜこんなにも機能が充実しているのか。それはPodioには「AppStore」や「Google Play」のような独自のアプリストアが用意されているからだ。ここでは、多くのサードパーティアプリが提供されていて、自由にプラットフォームに組み込むことができる。さらに、Podioは個々のアプリをGUI(グラフィカルユーザーインターフェース)で編集できる。そのため、アプリ開発者でなくても、自由にアプリに表示される文言や小数点の位置などを修正できる。

 パッケージ単位でインストールすることも可能なので、たとえば「商談管理パッケージ」をインストールすると、見込み客リスト、連絡履歴リスト、商談リスト、商談MTGセットツール、商品リストなどがまとめて利用できる。

 このような仕組みを採用することで、柔軟性が高く、使いやすいサービスを実現しているのだ。5ユーザーまでは無料で利用できるので、少人数の企業や社内プロジェクトで活用してみてはいかがだろうか。

  • 「従業員ネットワーク」を社内SNSのように使うことができる。コメントもシームレスにつけられる

  • ホーム画面に追加するツールを選べる

>>「Podio」のダウンロードはこちらから

ビジネスアプリセンター

Androidの記事一覧はこちら

-PR-企画特集