オーディオテクニカ、音が360度に広がる全方位対応スピーカ

加納恵 (編集部)2013年05月23日 18時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 オーディオテクニカは5月23日、スマートフォンやタブレットと組み合わせられるスピーカ「CONIC STATION(コニックステーション) AT-SPC100」(SPC100)を発表した。360度全方位に音を放射するサウンドリフレクターシステムを搭載する。発売は6月20日。店頭想定価格は6000円前後になる。

  • 「CONIC STATION AT-SPC100」

 SPC100は、ユニークな円錐(コニック)型デザインで、スマートフォンやタブレットを縦置きと横置きそれぞれに対応するマルチポジションスタンドを装備。口径53mmのフルレンジスピーカユニットを内蔵し、豊かな低域と自然な中高域を再生するという。

 本体にはマイクも備え、スマートフォンでのハンズフリー通話に対応。音楽・動画再生、一時停止、着信応答などの操作ができるコントロールボタンも装備する。

 スマートフォンやタブレットとの接続は3.5mmステレオミニ端子を使用。ACアダプタのほか、単3形乾電池3本でも駆動でき、アルカリ乾電池を使用した場合は約80時間の連続使用が可能だ。

 サイズは高さ117mm×幅180mm×奥行き180mmで、重量約400g。ボディカラーはブラックとホワイトの2色をそろえる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加