logo

アイドルマスター好きな記者が見たiOS「シャイニーフェスタ」独断偏見インプレッション - (page 2)

佐藤和也 (編集部)2013年05月22日 17時33分
  • 一覧
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

双海亜美・真美を中心に見た「ファンキー ノート」

 アイドルマスターにおいて、記者の独断と偏見による一押しアイドルが双海亜美・真美であることは「ミリオンライブ!」インプレッションでも触れているのだが、ここでは2人が登場する「ファンキー ノート」について、亜美・真美を中心にお届けしたい。

 アニメは「Music is a friend」というタイトルで、高槻やよい、水瀬伊織、我那覇 響、双海亜美・真美の5人が南国でのバカンスを楽しみつつ、ステージを盛り上げるというもの。バカンスでは大家族で知られるやよいの兄弟も登場して賑やかなところがある一方、少しシリアスな場面もある。詳細は見てのお楽しみとさせていただくが、見終わった後にタイトル通りのテーマと感じられる内容となっている。

南国でのバカンスを楽しむ亜美・真美たち
南国でのバカンスを楽しむ亜美・真美たち
  • 夕食を前に2人で乾杯

  • やや遊び疲れが残っている様子の2人

  • 夕暮れの観覧車にて。実はこのシーンのあと…

  • アニメの途中にはオリジナル曲「ビジョナリー」のミュージッククリップが流れる。コミカルで見ていて楽しい内容だ

  • 響とともにお姫様風な衣装で登場

  • 2人が小さな妖精として登場することも

 リズムゲームの楽曲については、個々の持ち歌とされている曲から、ユニットの組み合わせまでを含めてイイとこ取りをしているラインナップ。数曲を除いて全般的に明るく元気な曲を多く集めている印象がある。

 ミュージッククリップとして見たときに、個人的におススメなのはなんといっても「ポジティブ!」だ。初代「アイドルマスター」となるアーケード版から収録されている持ち歌で、ノーマルでのミュージッククリップでは、テレビアニメの名シーンをふんだんに盛り込んだ内容となっている。

  • テレビアニメの名場面を収録

  • 劇中劇「無尽合体キサラギ」のロボット「キサラギ」と、劇中役のアミとマミ

  • 劇中番組「生っすか!?サンデー」より「あみまみちゃん」

 一方、シャイニングバーストしたあとのスペシャルミュージッククリップは、ステージ上で2人が「ポジティブ!」をダンスとともに歌うというもの。一見するとノーマルのほうが賑やかでスペシャルな感覚にも見える。しかし、今でこそ2人が一緒のステージに立つ場面というのは珍しくなくなっているが、初代「アイドルマスター」のときには、双海亜美として2人が交代しながらアイドルの仕事をしているという設定があったため、一緒のステージに立つという映像がなかったのである。アーケード版のころを経験している記者としては、2人がデュエットで「ポジティブ!」を歌っている、しかもダンスの振り付けも初代から踏襲しているというだけで懐かしさとしみじみとする感覚が入り混じり、それがスマートフォンでいつでも見られるというだけで、文字通りスペシャルなことだと感じている。

「ポジティブ!」のスペシャルミュージッククリップ。2人でデュエットすることに意味がある
「ポジティブ!」のスペシャルミュージッククリップ。2人でデュエットすることに意味がある

 ほかにも2人による「スタ→トスタ→」では一瞬だけほほを赤らめるところがあったり、響を加えた3人による「Do-Dai」では「ブイ」や「ブイブイ」と言っているときに二本指を口に当てるところなどでかわいらしい表情を見せてくれる。また、響が歌う「Brand New Day!」におけるスペシャルミュージッククリップでは、5人によるバンドスタイルのPVとなっており、亜美はギターで真美はベースを担当し、2人が一緒になって演奏するシーンもある。

  • 「スタ→トスタ→」より。曲の始めのほうで、2人とも一瞬だけほほを赤らめる

  • 「Do-Dai」より。「V」の形のような2本指で「ブイ」といいながら口元にあてる

  • 「Brand New Day!」より。2人が近づいてセッションするシーンも

 ここでは亜美・真美中心で紹介したが、どのアイドルにも楽曲とともに、いろんな表情を見せてくれる。リズムゲームだけではなく、こういったところに注目して楽しむのもいいだろう。

5月22日は双海亜美・真美の誕生日。おめでとう
本作において一番お気に入りなシーンは「MUSIC♪」のこのシーン。2人のもつ元気さと可愛らしさが一度に表現されていると感じている。余談だが5月22日は亜美・真美の誕生日となっている
(C)窪岡俊之 (C)2012 NAMCO BANDAI Games Inc. (C)NBGI/PROJECT iM@S

CNET Japanの記事を毎朝メールでまとめ読み(無料)

-PR-企画特集

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]