医療用ヘリの墜落死亡事故、原因の一端はパイロットの携帯電話操作か

Chris Matyszczyk (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部2013年04月12日 13時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 人は携帯電話の誘惑に弱い。パイロットも例外ではなく、空を飛んでいるときですらついメールを見てしまうことがあるようだ。

 2011年、アメリカはミズーリ州で医療用ヘリコプターが墜落し、パイロットを含む4名が死亡した。米国家運輸安全委員会(NTSB)の調査は、事故原因として、燃料不足などとともに、フライト中のテキストメッセージのやり取りによるパイロットの注意散漫を挙げている。同機の運行会社は飛行中の携帯電話の使用を禁止しており、NTSBの調査も、エンジン停止の瞬間におけるテキストメッセージのやり取りがあったとする証拠はなかったことを明らかにしている。しかし、パイロットは飛行中に携帯をいじっていたようで、その内容に緊急性はなかった。彼は同僚とディナーの予定について話し合っていたという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したもので す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加