logo

「STORYS.JP」運営企業が3000万円調達--SNSだけではわからない人となりを共有

岩本有平 (編集部)2013年04月11日 12時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 レジュプレスは4月11日、インキュベートファンドとANRIを割当先とした3000万円の第三者割当増資を実施したことを明らかにした。調達した資金をもとに、サービスの改善とマーケティング施策を強化する。

 レジュプレスは「STORYS.JP」を運営するスタートアップ。STORYS.JPは、ユーザーが自身の体験をストーリーとして投稿し、共有できるサービス。Facebookのアカウントと連携しているため、Facebookだけでは知ることができないその人となりを、ストーリーを通じて理解できるとしている。サービスは無料で、利用にはFacebookのアカウントが必要となる。

 ブログよりも手軽に投稿を継続できる仕組みとして、STORYS.JPではまず、ユーザーに自分の人生に置いて大きなストーリーのタイトルだけを3つ書くように促している。そしてまずタイトルだけをほかのユーザーに公開し、ボタンを用意し、「詳しく聞きたい!」という声を募るのだという。そして実際にストーリーを書いた際、ボタンを押したユーザーにはその旨を通知をする。この仕組みによって書き手、読み手両者のモチベーションを高めているという。

 レジュプレスは2012年8月の設立。2012年よりクローズドベータ版としてSTORYS.JPを開始し、2013年2月に正式オープンした。同社CEOのRiney James氏は、JPモルガン証券の出身。James氏がなぜ起業し、STORYS.JPを立ち上げたか知りたい読者は「私が何故STORYS.JPを作ったか。」のページにある「詳しく聞きたい!」ボタンを押してあげて欲しい。

-PR-企画特集