logo

EA、CEOが3月で辞任へ

Eddie Makuch (Special to CNET News) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 (ガリレオ)2013年03月19日 11時34分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「FIFA」シリーズや「Battlefield」シリーズを販売するゲームソフト会社Electronic Arts(EA)は、米国時間3月18日、最高経営責任者(CEO)のJohn Riccitiello氏が6年間務めたCEO職を3月30日で辞任すると発表した。また、Riccitiello氏は同社の取締役会からも身を引く。

 EAの取締役会は、Riccitiello氏の正式な後任を探す間のエグゼクティブチェアマンに、EAの経営幹部として長い経歴を持つLarry Probst氏を指名した。Probst氏は1991年からEAの経営に携わっており、1991年から2007年までCEOを務めた。EAによると、取締役会は「幹部人材探しの大手企業」を使って社内外の候補者を検討するという。

 Riccitiello氏は、EAから去るという決断について自らコメントしている。その中で同氏は、EAとその社員を称賛した上で、各社から次世代家庭用ゲーム機が登場しようとしており、同社の今後については楽観視していると語っている。


John Riccitiello氏
提供:EA

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集