logo

日テレ、JoinTVとwiz tvを連携させた「ハリー・ポッター祭り!」

加納恵 (編集部)2013年03月14日 15時45分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • ハリー・ポッタ祭りのナビゲーターを務めるハリー杉山さんと番組宣伝大使のスタンリー

 日本テレビ放送網は、金曜日の21時から放送されている「金曜ロードSHOW!」で、「ハリーポッター祭り」を実施する。春から秋にかけて全8作品を放送するほか、ソーシャルプラットフォーム「JoinTV」と「wiz tv」を使った独自のネット連携サービスを提供する。

  • wiz tvアプリを立ち上げ、番組の音声を認識させるだけでチェックインができる

 金曜ロードSHOW!では、3月15日に「ハリー・ポッターと賢者の石」、22日に「ハリー・ポッターと秘密の部屋」を2週連続でオンエア。その後夏に「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」「ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団」、秋に「ハリー・ポッターと謎のプリンス」「ハリー・ポッターと死の秘宝 Part1/Part2」を放送する。

  • 作品中に登場する魔法のシーンに合わせてリモコンを使って遊ぶゲーム「魔法でPON!」

 番組放送中は、データ放送とwiz tvを使ってチェックインができ、視聴認定バッジを獲得できる。バッジは8つすべてを集めると、視聴者の顔写真や名前の入った特別修了証が発行される仕組み。データ放送からはdボタンを押すだけでチェックインができるほか、wiz tvでは、音声認識機能を利用し、アプリをたちあげてテレビの音声を取得するだけでチェックインが可能だ。

 またデータ放送を使ったミニゲームも提供する。これは作品中で登場する魔法シーンにタイミングを合わせ、リモコンボタンを押すとポイントが加算されるというもの。データ放送を利用することで、誰でも簡単に使えることが特長だ。

 獲得した視聴認定バッジやポイントは、放送後専用ウェブサイトにアクセスすることで確認でき、ウェブサイト内では、くじや「ハリー・ポッター映画検定」などポイントを貯められるコンテンツを用意している。

 今回の取り組みは、同社が提供するソーシャルテレビプラットフォームJoinTVとwiz tvを本格連携させ、放送と通信を横断させ提供することが狙い。ハリー・ポッターの映画作品が放送される春から秋の長期間にわたって実施される。

-PR-企画特集