フォースメディア、手のひらサイズのBluetoothスピーカ--ウーファ内蔵で高音質

加納恵 (編集部)2013年03月12日 10時52分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「BeCool」

 フォースメディアは、iUi Design製のBluetoothスピーカ「BeCool」を発表した。重量230gのコンパクトボディにフルレンジユニット2つ、パッシブウーファ1つを内蔵する。フォースメディアダイレクトショップにて8800円で同日から販売している。

  • 背面には電源オン、オフ、USB端子などを備える

 Bluetoothの伝送には、低圧縮のAACとapt-Xを採用し、高音質再生を実現。遅延も抑え、動画やゲーム再生時での音ズレも解消できるとしている。

 サイズ高さ55mm×幅118mm×奥行き108mmのコンパクトボディに、直径35mmのフルレンジスピーカユニット2つと、パッシブウーファ1つを搭載。3Dカーブ成形を採用したデザインは、凹凸や継ぎ目を極力なくした、スマートな形に仕上がっている。

 天面には、バックライト付きのタッチキーを備え、曲の再生や、停止、早送り、巻き戻し操作に対応。マイクも装備しているため、ハンズフリーでの通話も可能だ。

 リチウムイオン充電池で駆動し、約10時間の連続使用を実現。USB経由での充電ができるほか、ACアダプタも同梱する。背面には3.5mmのステレオミニ端子を備え、有線接続による音楽再生にも対応。Bluetooth接続は2台の機器と同時接続、切り替えができる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加