logo

大容量バッテリを内蔵したBluetoothスピーカ「JBL CHARGE」

加納恵 (編集部)2013年02月21日 10時41分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「JBL CHARGE」

 ハーマンインターナショナルは2月20日、6000mAhの大容量バッテリを内蔵したBluetoothスピーカ「JBL CHARGE」を発表した。連続12時間以上の長時間ワイヤレス再生を実現する。発売は2月下旬。店頭想定価格は1万7000円前後になる。

 高さ75mm×幅175mm×奥行き74mmで、重量470gのチューブスタイルデザインを採用。内部定在波の発生を抑え、キャビネット容量を多く確保できる音響工学に基づいた形を採用している。内部には独自開発の口径38mmフルレンジドライバ2基と、合計10Wのハイパワーデジタルアンプを搭載。マイクを内蔵しているため、スマートフォンの通話にも対応する。

 Bluetoothでのワイヤレス接続のほか、外部入力端子を有線接続にも対応。USB経由でスマートフォンや対応機器に充電ができ、モバイルバッテリとしても使用可能だ。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集