logo

東芝、Android 4.1を搭載した10.1型タブレット「REGZA Tablet AT501」

坂本純子 (編集部)2013年02月12日 18時08分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は2月12日、Android 4.1を搭載した10.1型タブレット「REGZA Tablet AT501」を2月15日に発売すると発表した。市場想定価格は4万円台半ば。

「REGZA Tablet AT501」
「REGZA Tablet AT501」

 広視野角のIPS液晶を搭載し、CPUにはNVIDIA Tegra 3、32Gバイトのフラッシュメモリを採用。厚さは約10.5mmで、重さは約625g。バッテリ駆動時間は約10時間としている。

 東芝の「レグザリンク・シェア」に対応し、レグザやレグザブルーレイ、レグザサーバーに録画した番組をレグザタブレットで視聴できる。録画した番組だけでなく、放送中のテレビ番組を楽しめる「RZライブ」、録画した番組を転送して屋外に持ち出せる「RZポーター」にも対応する。

REGZA Tablet AT501の背面
REGZA Tablet AT501の背面
デジタル製品

PCの記事一覧はこちら

-PR-企画特集