logo

[ブックレビュー]プレゼンの資料作りを徹底サポート--「絶対!伝わる図解」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
朝日新聞出版
詳細:単行本 / 184ページ / 朝日新聞出版 / 価格:1470円 / 著者:池田千恵 / 発売日:2012/11/20 / 外形寸法 (H×W×D):18.6cm×13.0cm×2.2cm / 重量:0.3 kg
内容:プレゼンの資料作りを「図解」を軸に紹介する。一言に図解といってもわかりやすく、伝わりやすい図を作成するのは難しい。どうまとめ、図に落としこんでいくのかを順を追って説明してくれる。
Amazon.co.jpアソシエイト

 苦労して何時間もかけて作ったプレゼンなのに、結局提案が通らなかったという経験はないだろうか。その原因は提案内容の良し悪しではなく、プレゼン資料の作り方にあるのかもしれない。プレゼン相手に、自分の意図を正しく、効果的に伝えるにはどうすればいいのか。本書は「図解」を軸に伝わるプレゼンの作成方法を指南する。

 著者は、適切なタイミングでプレゼンの「キモ」となるメッセージを示すことが、スライド作成において、非常に重要だという。そしてそのプレゼンに使用する「図解」が「伝わる図解」になっているかどうかで、プレゼンが通るか通らないかが決まると言っても過言ではないと。

 本書は単なる図の書き方を教えているわけではない。プレゼン内容をどのように図解にまとめるのか、その思考や作業の過程を、順を追って丁寧に教えくれている。読みながらすぐに実践できるというわけだ。

 しかし図解に慣れるには、日頃のトレーニングも大切だ。そこで著者が勧める、Pinterestを利用して多くのお手本を見る方法や、手帳を図として考える方法など、図解の力に磨きをかけるためのさまざまな工夫が参考になる。図解とスライド作成のコツを身につければ、次回のプレゼンは怖いものなしだ。

-PR-企画特集