logo

アイ・オー、東芝「REGZA Z7」の全録に対応したHDD--5、7Tバイトを用意

加納恵 (編集部)2012年11月21日 18時42分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「AVHD-ZRC5/ZRC7」

 アイ・オー・データ機器は11月21日、東芝の液晶テレビ「REGZA Z7」シリーズの全録に対応するHDDを発表した。5Tバイトの「AVHD-ZRC5」(店頭想定価格:3万9800円前後)と7Tバイトの「AVHD-ZRC7」(同:4万9800円前後)の2機種をラインアップする。発売は12月中旬。

  • 「HDUS-1.0」

 タイムシフトマシン用の3.5インチHDDを2台、通常録画用のカセットHDDを1台、計3台のHDDを備える。通常録画用のカセットHDDは交換式で、1Tバイトの交換用カセット「HDUS-1.0」(同:1万2480円前後)も用意する。交換用カセットは最大8台まで登録可能だ。

 カセットHDDはダブル録画に対応するほか、タイムシフトマシン用のHDDから番組をダビング保存することもできる。

 本体サイズは高さ70mm×幅217mm×奥行き189mmで、重量約3.2kg。縦置き、横置きから設置方法が選べる。カセットHDDはシルバー、ブラック、レッド、ブルーと4つのカラーバリエーションをそろえる。

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集