logo

TDK Life on Record、Qiや全天候仕様などプラスαを備えたBluetoothスピーカ

加納恵 (編集部)2012年11月19日 11時00分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「Bluetooth+」をキーワードに開発されたワイヤレススピーカ

 イメーションは11月19日、TDK Life on Recordブランドから、Bluetoothスピーカ6機種を発表した。「Bluetooth+」をキーワードにワイヤレス再生に無接点充電や全天候仕様などプラスαの機能を備えている。12月19日から順次発売する。

 発売されるのは、50mmフルレンジスピーカユニットを2つ内蔵したハイエンドモデルの「A73」、4方向にスピーカを内蔵したキューブ型の「V513」、無接点充電に対応した「Q35」、防塵、防滴設計を施した「A33」、ハンズフリー通話に対応する「TW550」、コンパクトモデルの「TW212」の6機種になる。

 いずれもBluetooth Ver.2.1に対応し、対応機器とのワイヤレス接続を実現。本体には3.5mmステレオミニ入力も備える。

 A73は、50mmのフルレンジスピーカユニットを正面に2つ配したハイエンドモデルだ。ニッケル水素充電池を内蔵しポータブルスピーカとしても利用できる。130mmのサブウーファ1つとパッシブラジエータ2つを内蔵し、迫力ある音質を再現。高域と低域のイコライジングも可能だ。

 USB端子を備え、AC電源接続時はUSB端子から外部機器への充電にも対応する。連続稼働時間は最大約6時間。FMチューナも内蔵する。サイズは高さ292mm×幅432mm×奥行き102mmで、重量約3.9kg。店頭想定価格は2万9800円になる。

 V513は、高さ229mm×幅229mm×奥行き229mmのキューブ型スピーカだ。四方に50mmフルレンジスピーカユニットを4つ搭載し、360度方向に音が広がるマルチディレクションサウンドと前方向サウンドの、2つのサウンド切り替えができる。重量約4.2kg。店頭想定価格は2万4800円になる。

 Q35は、天面に無接点充電用のチャージパッドを備えたモデルだ。チャージパッドはQi規格に対応し、対応機器を置くだけで充電が可能。25mmのフルレンジスピーカユニット4つと101mmのサブウーファを備え、広がりのあるサラウンドサウンドを再生するとしている。サイズは高さ152mm×幅152mm×奥行き152mmで、重量約2.0kg。IPX3の防滴設計を施し、アウトドアでの使用も考慮されている。

 ニッケル水素充電池を内蔵し、約6時間のワイヤレス再生を実現。AC電源接続時は、USB経由で外部機器への充電も可能だ。店頭想定価格は2万4800円になる。

  • 「A73」

  • 「V513」

  • 「Q35」

 A33は、防水規格IP64に認定された防塵、防滴設計を施したワイヤレススピーカだ。高さ95mm×幅241mm×奥行き51mmで、重量1.2kgのコンパクトボディならが38mmのフルレンジスピーカユニット2つと63mmのサブウーファ、63mmのパッシブラジエータを備え、タフなサウンドを再生する。

 マイクを内蔵し、Bluetooth接続しているスマートフォンのハンズフリー通話もサポート。ニッケル水素充電池により、約6時間のワイヤレス再生もできる。サウンド方位をアレンジできるスタンドを付属する。店頭想定価格は1万6800円。

 TW550は、45mmのフルレンジスピーカユニット2つを搭載したステレオスピーカだ。内蔵マイクによるハンズフリー通話、USB端子経由での外部機器への充電などに対応する。AC電源のほか、単3形乾電池4本でも駆動可能だ。サイズは高さ153mm×幅257mm×奥行き84mmで、重量約1.0kg。店頭想定価格は7980円になる。

 TW212は、高さ65mm×幅192mm×奥行き92mmで、重量約0.5kgのコンパクトモデル。45mmのフルレンジスピーカユニットを2つ備える。ボディカラーはブラックとホワイトの2色展開となる。店頭想定価格は5980円。

  • 「A33」

  • 「TW550」

  • 「TW212」

デジタル製品

AVの記事一覧はこちら

-PR-企画特集