[ウェブサービスレビュー]住所出力もできるダミー個人情報出力サービス「疑似個人情報データ生成サービス」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
内容:「疑似個人情報データ生成サービス」は、ダミーの個人情報を大量に出力できるウェブサービスだ。かんたんな操作で郵便番号や住所を含む最大5000件の個人情報を作成してダウンロードできるので、会員制サイトのテストなどで実在しない個人情報が大量に必要になった場合に便利に使える。

 「疑似個人情報データ生成サービス」は、ダミーの個人情報を大量に出力できるウェブサービスだ。かんたんな操作で郵便番号や住所を含む最大5000件の個人情報を作成してダウンロードできるので、会員制サイトのテストなどで実在しない個人情報が大量に必要になった場合に便利に使える。

 使い方は簡単で、一覧から必要な項目を選び、ボタンを押して生成するだけ。あらかじめ用意されているデータをランダムに掛け合わせた個人情報が出力される。出力数は最大5000件で、画面上にそのままHTMLで出力するほか、XML、Excel、CSVの4形式での出力をサポートしている。

  • 「疑似個人情報データ生成サービス」トップページ。商用利用も可能である旨が明記されている

  • トップページの「生成を開始する」ボタンを押すと生成項目の選択画面に移動するので、必要な項目にチェックを入れていく。姓名の区切りは、なし、全角/半角スペース、別項目として出力といった具合に、細かなフォーマットを指定できる

 出力できる項目は、連番、氏名、性別、電話番号(一般/FAX/携帯)、メールアドレス、住所、生年月日、年齢、出身地、血液型、乱数の計13種類。同種サービスである「なんちゃって個人情報」と比べると、都道府県名以下の町名や番地、さらにはマンション名まで出力できるのが強みだ。必要な都道府県を指定できるので、例えばIT系サービスで利用者が首都圏に偏っている場合なども、それに合わせた住所属性を選択すればよい。

 姓名のデータは、姓が1123件、名は男女合わせて2365件と「なんちゃって個人情報」に比べると名のバリエーションが数倍多く、上限の5000件を出力しても名前の重複をほとんど感じさせない。また姓名と住所はふりがな表示にも対応しており、カナ以外にローマ字での出力も可能だ。さらに男女比も指定できるなど、機能の豊富さでは、なんちゃって個人情報を上回る。

 多少癖があるのは、メールアドレスの@以下が完全にランダムな文字列になっていることと、電話番号の市外局番が03に固定されていることくらいだろうか。メールアドレスは例外として、それ以外の項目は、なんちゃって個人情報と比べてもかなり真実味があるダミーデータが出力されるので、なるべくダミーデータらしさを感じさせたくない用途に利用するのがよさそうだ。

  • オプションもかなり細かく、男女比率を10%刻みで設定できるほか、必要な都道府県だけ選択する機能も備える。人口比率と同じ割合で都道府県を出力するといった機能はない

  • HTMLで出力したところ。メールアドレスは@以下が完全にランダムになっている。住所は番地やマンション名までの出力に対応しており、郵便番号とも対応している。「なんちゃって個人情報」と異なり、電話番号はハイフン抜きで表示される

  • CSVでダウンロードしたところ。このほかXML、Excel形式でのダウンロードも可能だ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加