logo

スターバックス、「Square Wallet」での支払いを11月から米国で導入へ

Shara Tibken (CNET News) 翻訳校正: 編集部2012年10月05日 12時36分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 11月から、スマートフォンと「Square Wallet」アプリさえあれば、米国のStarbucksではラテを買えるようになるだろう。

 コーヒーチェーン大手のStarbucksは米国時間10月4日、米国内にある同社店舗約7000店で11月上旬からSquareのモバイル決済システムが使用できるようになると発表した。また、2013年夏から、SquareとStarbucksの既存のモバイル決済アプリを使用して、バリスタにデジタルでチップを渡せるようにもなる。

 StarbucksとSquareは8月に広範囲の提携を結び、その一部としてStarbucksはSquareに2500万ドルを出資した。Squareはこの提携で、米国内のStarbucksストアにおいてクレジットカードとデビットカードの決済処理を行い、「Pay with Square」を通じた購入を可能にすることに同意した。

 Pay with Squareはあまり知られていないが、「iPhone」と「Android」ユーザー向けの便利なサービスだ。利用者はクレジットカードをアカウントにリンクしておき、ストアやレストランでの勘定を支払う。その場で財布を取り出す必要はまったくない。ストアは携帯電話の位置を検出することができ、自動的に支払いを転送する。レジ係は画面にポップアップした写真と名前を見て、利用者が本人であることを確認できる。

 Reutersによると、11月に提供開始されるプログラムでは、Starbucksのレジ係は最初のうちはSquareユーザーの携帯電話に表示されたバーコードを読み取るという。しかし将来的には、SquareのGPS技術を使用して利用者の携帯電話を店内で検出する予定だ。利用者は、レジ係に名前を告げて支払えるようになる。

8月の提携発表におけるStarbucksのCEOであるHoward Schultz氏(左)とSquareのCEOであるJack Dorsey氏
8月の提携発表におけるStarbucksのCEOであるHoward Schultz氏(左)とSquareのCEOであるJack Dorsey氏
提供:Roger Cheng/CNET

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

-PR-企画特集