logo

ロンドン五輪のツイート数はバレーボールがサッカーを下して1位

佐藤和也 (編集部)2012年08月14日 16時50分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECビッグローブは8月14日、Twitter上での旬な話題をランキング形式で紹介する「ついっぷるトレンド」において、ロンドン五輪に関するTwitter利用動向を分析し発表した。

 開催期間中の7月26日から8月13日早朝までは、通常時の休日並のツイートが連日投稿され、夜間のツイート数が急増するなど、Twitter上でも五輪が盛りあがりを見せたとしている。

国内総ツイート数の推移
国内総ツイート数の推移

 5分あたりの国内総ツイート数が最も多かったのは、バレーボール女子準々決勝の中国戦で、日本が勝利した瞬間の8月7日23時25分頃。それに次いで多かったのは、7月26日23時25分頃で、サッカー男子スペイン戦でスペインの選手にレッドカードが出たあたり。なお、サッカー男子関連が、ベスト10のうち6つランクインしている。

キャプション
5分あたりのツイート数ランキング

 夜間のツイート動向としては、五輪開催前と開催期間中の夜間のツイート数を比較すると、深夜1時から4時では128%、4時から7時では134%の増加となっている。

 そして、0時から7時までの国内ツイート数が1000万件を超えたのは、7月30日(サッカー男子モロッコ戦)、8月2日(体操男子個人総合決勝で内村選手が金メダルを獲得)、8月7日(サッカー女子準決勝)、8月8日(サッカー男子準決勝、卓球女子団体が銀メダルを獲得)、8月10日(サッカー女子決勝戦、バレーボール女子準決勝、レスリング女子55kg級で吉田選手が金メダルを獲得し3連覇達成、陸上男子200m決勝でボルト選手が金メダルを獲得)、8月11日(サッカー男子3位決定戦)の6日間。このうち5日間はサッカーの試合が行われている。

0時以降の国内ツイート数推移
0時以降の国内ツイート数推移

 この夜間ツイートが1000万件を超えた6日間のなかでの、最も大きなピークは8月8日1時10分頃で、サッカー男子メキシコ戦で大津選手が先制ゴールを決めたことに関するツイートが集中。次いだのが、サッカー女子準決勝が行われていた8月7日2時50分頃となっている。

夜間6日間のツイート数比較※吹き出しは、ピークの日時、その時のHOTワード1位。括弧内は、その時刻の出来事。
夜間6日間のツイート数比較
※吹き出しは、ピークの日時、その時のHOTワード1位。括弧内は、その時刻の出来事

-PR-企画特集